戻る

ハノイ郊外 枯葉剤被害児童支援施設にて

今回はボランティアツアーの新しい理論である「エクスポージャ」の試行をめざして、アジアを旅してきました。「エクスポージャ」とは「それぞれの個人が自分をありのままをさらけ出し、現地の風や人々に触れ合うことを第一の目的とするあたらしいボランティアツアーの理論です。
 まだまだ未完成で、不十分なところもありましたが、いままでとは一味違った雰囲気でアジアの国々、そして人々と触れ合うことができました。
ベトナム・ハムタムの盲学校で
       ハムタムのチャリティースクール 現地ボランティアグループ代表のトウンさんを囲んで
  ハムタムでのお別れに「旅立ちの日を歌う・・・アオザイのオネーチャンは誰だ?!         
野尻リーダーでした!

次へ